入院から退院までの流れ

入院から退院までの流れをご説明します。

入院のお手続き

入院当日は指定の時間にご来院の上、1階受付にて手続きを行ってください。

入院手続きに必要なもの

入院証書

入院証書に必要な連帯保証人は、患者様と別世帯で居住する身元の確実な成人の方でお願いします。

健康保険証(お持ちの方)

入院中にも健康保険証類は確認致しますので毎月1回月はじめに看護室にご提出下さい。

各種証明証(お持ちの方)

後期高齢医療証・介護保険証(認定されている方のみ)、他各証明証
提出が遅れますと、提出までの治療費は自費扱いとなることがあります。

入院予納金(預り金)

予納金は入院時前に納入していただき、退院時に精算いたします。 預り証は紛失しないようにしてください。

・保険証をお持ちの方(提示されている方):50,000円
・保険証をお持ちでない方 :200,000円

入院中の生活について

赤羽病院では、患者さまの回復と皆さまにとって快適な環境づくりを最優先に考えております。
普段とは違う環境となりますので、ご不便やご不安をお感じになることも多いのではないかと存じます。
医師・看護師一丸となって患者さまとご家族をサポートいたしますので、どんなに些細なことでもご相談ください。

入院中の生活でご協力いただきたいこと

全館禁煙のお願い 患者様の健康保護の観点から、病院敷地内の禁煙をお願いしています。
ご協力のほどよろしくお願いいたします。
消灯時間 21:00消灯以降のテレビ・ラジオはご遠慮頂いています。ご協力のほどお願いいたします。
外出・外泊 原則としてお控えいただいています。

※やむを得ない場合は担当医師の許可および許可届の提出をお願いします。

携帯電話のご使用について ・携帯電話は医療機器への影響がありますので、電源をOFFにしてください。
・指定スペースを設けておりますので、そちらでご使用をお願いいたします。
お食事について ・赤羽病院で管理栄養士による基準給食を行っております。食事は毎食全て病院で準備いたします。
・面会の方からの差し入れなど、病院が提供する食事以外を召し上がることはご遠慮ください。
貴重品について ・貴重品は盗難防止のため、持ち込まないようにお願いします。
・盗難等の場合当院は責任を負うことができませんので、ご注意ください。
職員に対する贈り物 ・病院の方針としてお断りしております。患者さまの回復が何よりの贈り物です。

入院生活に必要なもの

日用品

洗面用具(歯ブラシ、ひげ剃り、くしなど)、食器(箸、スプーン、コップ)、衛生用品(ティッシュペーパーなど)使い慣れたものをお持ちいただけます。

衣類

寝巻、肌着、羽織物、転倒しないスリッパ

※寝具についてはご用意いただく必要はありません。

入院料について

締め日・請求書 月末に締切り、請求書を会計日の前日にお配りいたします。
お支払い 1F受付で行います。※外来会計と一緒になりますのでお待ちいただく場合があります。

退院手続き

退院時のお支払い

当日までの入院諸費の計算が出来ましたら病室へ連絡いたします。

入院予納金の預り証と印鑑をお持ちいただき、一緒に1F受付でご精算ください。

お支払いは退院日にお願いいたします。(土曜・日曜・祝日・退院前日はできません。)

退院会計は原則として、平日 14:00~17:00、土曜日 9:00~12:30です。

クレジットカードは下記のみご利用可能です。

MUFGカード
Nicos・VISA・Master
DiscoverDiners ClubJCBAmerican Express